北海道

小平町農泊ビジネス推進協議会

地域の特徴

  • 小平町は、北海道の西海岸にある漁業と農業が基幹産業の町になります。1905年頃に創建された「旧花田家番屋」は、木造建築物では日本の最北端にある国指定重要文化財で、国内で現存する最大規模の鰊番屋でもあります。また、ホタテ稚貝生産は、北海道全体の3分の1を占め、北海道全体のホタテ養殖業の根幹を支えています。漁業は他にタコ、ウニ、鮭等が水揚げされています。農業は美味しいお米の生産が主だが、高品質な農産物であるアイボリーメロン、サマーオレンジ(スイカ)、硬質小麦ルルロッソなども生産、国産黒毛和牛おびら牛の畜産も行ってる「食」の町でもあります。この海と山に挟まれた隠れた魅力が多くあるのが特徴です。

協議会詳細

協議会名 小平町農泊ビジネス推進協議会
地域 北海道
住所

北海道留萌郡小平町字小平町216番地

電話番号

0164-56-2111

FAX

宿泊施設の一覧

緑溢れる小平町には代表的な宿泊施設「ゆったりかん」があります。客室15室を備え、最大53名が宿泊できます。自慢の大浴場は「光明石温泉」。また、施設内のレストラン「黄陽」では、地元の食材を使った美味しい料理を堪能することができます。

    • 宿泊
      No Post Thumbnail
    • ゆったりかん

      地域

      北海道

      住所

      北海道留萌郡小平町字小平町458番地の25

      施設紹介

      緑溢れる小平町には代表的な宿泊施設「ゆったりかん」があります。客室15室を備え、最大53名が宿泊できます。自慢の大浴場は「光明石温泉」。また、施設内のレストラン「黄陽」では、地元の食材を使った美味しい料理を堪能することができます。

      一人当たりの宿泊費

      一泊二食付き 9,000円 (税込) 素泊まり 5,000円 (税込) ※1名利用はプラス500円

      送迎有無

      送迎なし

      ご予約方法

      http://www.yuttarikan.biz/index.html
      電話0164-56-9111

      支払い方法

      現金 クレジット

      関連協議会

      小平町農泊ビジネス推進協議会

      閉じる 詳細をみる
もっと見る

お食事処の一覧

タコやホタテを中心に新鮮な魚介類が豊富。
コンクール受賞歴もあるお米や黒毛和牛などの他、アイボリーメロン、サマーオレンジ(スイカ)、硬質小麦ルルロッソをつかったパンなど、こだわりの食があります。

    • 食事
    • 道の駅おびら鰊番屋 食材供給施設

      地域

      北海道

      住所

      小平町鬼鹿広富

      レストラン紹介

      旬の食材を使ったレストランでは、期間限定メニューひらめの昆布〆丼をはじめ、鰊御殿にちなんだ「にしんそば」や「にしん親子丼」、「にしんの三平汁」が大人気です。
      また、夕陽を眺めながら食べるソフトクリームは格別です。
      2階には最大120人が利用できるホールがあり団体の方も利用できます。

      おすすめメニュー1

      にしん親子丼、三平汁

      ランチおおよその予算

      1,000円

      関連協議会

      小平町農泊ビジネス推進協議会

      閉じる 詳細をみる
もっと見る