• 沖縄県

    伊良部島食と暮らし事業協議会

  • フェイスブック

地域の特徴

宮古空港から伊良部大橋で直結した、4年前まで離島の離島だったため、島の暮らしが伝承されている。このような伊良部島の食や離島のくらしを地域資源ととらえ、農水産物の加工やツーリズムとの連携による6次産業の実現を目指し、①「家庭料理大集合」イベントや②まち歩きと郷土料理体験をあわせたプログラム等に取り組んでいます。

協議会詳細

協議会名 伊良部島食と暮らし事業協議会
地域 沖縄県
住所

沖縄県宮古島市平良字西里187番地2階 宮古島観光協会内

電話番号

0980-73-1881

FAX

アクセス

宮古空港から車で30分

宿泊施設の一覧

伊良部大橋開通後3年経過し、現在ラグジュアリーリゾートを含め、ホテル建設が進む。ただし、現時点では既存の民宿、ホテルに加え、修学旅行などの民泊に慣れた、簡易宿所免許を取得した農漁家が利用できます。

もっと見る

体験プログラムの一覧

地元の事をよく知るガイドと魚捌き、魚釣り、まち歩きをしながら、食等島の暮らしや遊びをテーマにしたプログラム。

人気の体験・交流

・魚捌き体験 ・島のおじいと魚釣り

もっと見る

お食事処の一覧

北区(佐良浜】:漁師町、南区(伊良部):農村に分けられ、食材、食文化にバリエーションあり。県下有数の漁獲高を誇るカツオ・マグロなどの水揚げしたての魚や、昔から食べられてきた薬効のある野草と、味噌・豆腐などの加工品をあわせた食文化がある。

食事(伝統料理や食材等)

①グルクンアース(グルクンの塩づけ):グルクン、塩 ②豚肉のみそ煮:島味噌、泡盛、水 ③冬瓜となまり節の煮込み:冬瓜、なまり節

もっと見る