農泊サイト > 江戸時代から続く「飛駒和紙」の紙すき体験!
栃木県

江戸時代から続く「飛駒和紙」の紙すき体験!

名称 江戸時代から続く「飛駒和紙」の紙すき体験!
場所 栃木県佐野市飛駒町2299 飛駒和紙会館(根古屋森林公園内)
アクセス お車でお越しの方
北関東自動車道「佐野・田沼インター」から約35分
開催時間 通年
スケジュール 土・日・祝日の午前9時から午後4時(15名以上の体験申込の場合は平日も営業)
提供者 飛駒地区むらづくり推進協議会
費用 600円/名~
予約方法 要予約
0283-66-2481
ガイドの有無
関連協議会 佐野農業協同組合
江戸時代が起源とされる飛駒和紙は丈夫で長持ちすることから、多くの人に愛用されました。後継者不足より一時は途絶えたものの、地域住民により結成された「飛駒和紙保存会」により伝統の技術が継承され、手すき和紙の良さを伝えています。市内小中学校の卒業証書などもに使われています。
紙すき体験ではハガキ等の作製ができます。