農泊サイト > カツオのワラ焼きタタキづくり体験
高知県

カツオのワラ焼きタタキづくり体験

名称 カツオのワラ焼きタタキづくり体験
場所 ■自動車:
 高知市から:約1時間30分
 四万十市から:約40分 
■公共交通機関:土佐佐賀駅
 高知市から:約1時間25分
 四万十市から:約10分
 土佐佐賀駅から徒歩約15分
アクセス ■自動車:
高知市から:約1時間30分
四万十市から:約40分
■公共交通機関:土佐佐賀駅
高知市から:約1時間25分
四万十市から:約10分
土佐佐賀駅から徒歩20分
開催時間 実施期間:2月~12月 ※カツオの水揚げにより変動があります。
スケジュール 所要時間:約2時間(食事含む)
開始時間:基本的にはお客様のご希望に添いますが、早朝・夕方遅くは避けてください。
提供者 黒潮一番館
費用 ■大人(3~4名様) ¥4,000(税込)/人
■大人(5名様以上) ¥3,500(税込)/人
◆小学生(1~4年生) ¥2,000(税込)/人
◆小学生(5~6年生) 大人と同料金になります。
※小学生以下、要問合せ
服装、持ち物など ・受入可能人数 3~200人
・体験の申込は3日前までに予約ください。
・エプロン、バンダナはこちらで準備しております。
紹介HP https://www.town.kuroshio.lg.jp/pb/cont/kuronavi-asobu/662
予約方法 インターネット、電話
体験の申込は3日前までに予約ください。
ガイドの有無
関連協議会 黒潮町観光ネットワーク
「カツオ一本釣り日本一」の町で『藁焼きタタキ作り』に挑戦してみませんか。カツオ1本を丸ごとおろし、藁の強い火力で表面だけ炙ります。これに、黒潮町の特産品である“黒潮の海水”と、“土佐の太陽と風”だけで作られた完全天日海水塩『天日塩』を使って昔から地元の漁師達が食べていた「塩タタキ」を食します。次に、「黒潮壱番館特製のタレ」で。最後に、ご飯の上にタタキを乗せ、熱つ熱つの湯をかけた「湯かけ」をザブザブとかき込みます。カツオ一尾を捌くところから、盛付け、味付けまで漁師のおんちゃん、おばちゃんが、カツオ漁の話、村の話を交えて教えてくれます。